「怒らない・怒られない」会社を目指すために - 2021.12.14

株式会社WIREBASE代表の中村です。最近、成田悠輔さんという経済学者にはまっていて動画を見漁っていたのですが、成田祐輔さんの弟である成田修三さんの切り抜き動画に目が留まりました。

ここで言ってることは大きく2つ。

  • ①人は自分が思った通りに動いてくれないが当たり前
  • ②それをどう内省して次に活かすかが重要

これは事業を進めていく上で、というか、人とコミュニケーションをする上でかなりベーシックなことではあるのですが、まだまだ新米起業家の僕には②が足りていないように感じます。

自分の会社ですし、思い通りに人を動かしたいという気持ちはあるものの、思い通りに動いてくれない。ただそれに不満を持っている時点で起業家として負けなんだと。

それよりは現状を受け止めて、この状況において自分はどうするか?より改善できるところはないか?とリフレクション(内省化)をすること。要は「足るを知って改善する」ことの方が重要だということです。

分かってはいるもののなかなか実践できる気がしないのですが、僕なりに気を付けていることが一つあります。人が思い通りに動いてくれないからと言って直接的なコミュニケーション(その場でカっとなって指摘したり)は絶対に取らないようにしています。

直接的なコミュニケーションはただお互いを疲弊させるだけで生産性のない時間を生み出してしまうからです。

それよりは、なぜこうなってしまったのか?冷静になってリフレクション(内省化)する。すると、こういう結果になった環境や仕組み上の原因、課題が見えてきます。

そして、「その仕組み・環境の歪みを改善する」という間接的なコミュケーション方法で対処するようにしています。

例えば、タスクをやってくれない人がいるならば、なぜやってくれないかと怒るのではなく、期日とPIC(責任者)を明確にしてタスク出しをする、など細かい仕組み上の改善だけでも人の行動は大きく変わるかと。(やりすぎたルール作りは人を疲弊させるだけですが。)

それさえすれば、その仕組みの中で自然と人は動いてくれるようになりますし、結果として会社全体で良いモメンタムが作られていくのではないかと思います。

ということで長くだらだらと書いてしまいましたが、結論、我々が会社として大切にしたいのは、『指示に従わないからといって絶対に怒らないこと。それよりは早急に仕組みや環境の改善に努めること』です。

だって、だれでも怒られるのイヤでしょ?

(怒られたくなきゃ弊社に来てください<(_ _)> 特に新卒の方お待ちしております。)

中村伸志